◇山形の風景や自然を写真で切り撮るフォトブログ


by alpha-digital
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

タグ:AFマクロ50mm F2.8(D) ( 90 ) タグの人気記事

アイスバーン

ここ最近、めっきり冷えてます。
雪こそ少ないので助かってますが・・・
10時くらいまでは路面はツルツルのアイスバーン。
その後、徐々に解けていきます。
d0089287_1147486.jpg

[PR]
by alpha-digital | 2009-01-15 11:50 |

ハイドロカルチャー

d0089287_1144554.jpg
小遣い稼ぎは不調・・・
ヤマセミも不調・・・
(今朝も駄目だった・・・)
PCラックからデスクに替えて部屋の掃除も終了しました。
年のせいか「緑」が欲しくなり、植物を置いてみましたw
何故か落ち着きます;;
[PR]
by alpha-digital | 2008-12-01 11:05 | 植物

晩秋

d0089287_18464130.jpg

[PR]
by alpha-digital | 2008-11-13 18:48 |
より遠くを・・・
 SANYOデジタルカメラ MZ3 と αレンズ群の融合
 一眼レフ用レンズの焦点距離が約4.8倍に化ける超望遠システムの完成です。
  High Speed AF APO 600mm F4 G → 2880mm F4.5
  STF135mm F2.8[T4.5] → 648mm F2.8[T4.5] 等
d0089287_1726129.jpg

 1/1.8型大型CCDを搭載(というウリになってますが・・・)
  現在のデジタル一眼レフのCCDから比べると、はるかに小さい。
  それが焦点距離が約4.8倍になる秘密です;; 
d0089287_1726862.jpg

 信頼性
  カメラ~ステップアップリング~αマウント受け(リアレンズキャップ)の接続には
  エポキシ樹脂系弾性接着剤(2液混合タイプ)を使用し、ふいな衝撃でバラバラに
  なるのを防いでいます。(・・・が心配です;;)
d0089287_17261425.jpg

 AFレンズ駆動部の写真
  ここを分解、AFレンズの除去しAFレンズ・フレームを削る。(ケラレ防止)
  この写真の様に戻さないと上手く動作しないみたいです。
d0089287_17271416.jpg

サンプル写真は、これからボチボチの予定です。
[PR]
by alpha-digital | 2008-11-03 18:03 | MZ3 直焦点

ほぼ完成!

コンパクト・デジカメ「MZ3」の改造がほぼ完成しました。
一度分解し始めたら止められない。
時間を忘れて作業に励みましたw
コンデジのレンズを全て取外し成功!!
レンズ受アダプタの接着はしてないものの、ほぼ期待通りの動作するまでにこぎ着けました。
フランジバック調整のためリアレンズ・キャップを紙やすりで削りながらチマチマと。
数キロ先がボケてたのが、削るにしたがってピントが合ってきます!
日も暮れて来たので今日はココまで。
d0089287_1650146.jpg

フランジバック調整中
 STF135mm T4.5  648mm(35mm換算)
 (遠景の山が約5キロ先)
  遠景にピント来てるのか?200万画素で解像度が低いのか?!
  微妙なところかな
d0089287_16492692.jpg

[PR]
by alpha-digital | 2008-10-25 17:01 | MZ3 直焦点

玉抜き

αレンズ・マウント部のフランジバック合わせの目処がついたので、いよいよデジカメ本体からレンズを取り去る作業に着手しました。
始めるまでは気が進まなかったのだけど、一度分解し始めたら見る見るうちに・・・
元通りになるのでしょうか?!
自信が・・・(涙目)
d0089287_13383293.jpg

[PR]
by alpha-digital | 2008-10-24 13:42 | MZ3 直焦点

SONYマウント受け側

平日なのにDIY日曜大工ですw
αレンズのリア・キャップ(一番下)の「↓」部の内側をナイフで削ると、37mm-55mmのステップアップリングの55mm側がピッタリ挿入されました。
次回は、リア・キャップ中央(SONYロゴ部Φ37mm)をくり抜きます!
ここまで何枚のサイズのステップアップリングを購入したことか・・・
それは金額的に大した事ないのですが、このシステムを構築した先人は相当な御苦労をされた思います。
d0089287_9184474.jpg

[PR]
by alpha-digital | 2008-10-17 12:17 | MZ3 直焦点

MZ3 直焦点

100m先のヤマセミ撮影、もっと綺麗に写る方法はないのか?!
その疑問に答えて下さったのが「気まぐれ探検隊」の隊長さん。
なんと、コンデジのレンズを取り外し、望遠レンズを取り付けてしまう荒業です。
焦点距離4.8倍、明るさがなんと「そのまんま」。
600mmレンズだと2880mmに化けてしまいます。

色々と改造方法を考えてましたが、今日はお日柄も良いので着工式。
ネジを1本外す儀式を終えましたw
SONYマウントの受け皿は、レンズのリア・キャップの予定。

光軸とフランジバック距離の調整が上手くいくかが鍵となるようです。
フランジバックの距離が近すぎると近距離が駄目なのかなー。
初めて聞く言葉ばかりでオロオロしとります。
d0089287_1030244.jpg

[PR]
by alpha-digital | 2008-10-13 10:41 | MZ3 直焦点

三脚

いくらカメラに手ぶれ補正機能があっても三脚は必要です。
超望遠やるまでは「花火大会」の時しか使いませんでしたが・・・w

で、いつものごとく、アバウトに三脚を選んでしまいました!

ポイント1 最大積載重量
 レンズ・カメラ・雲台で約8kgになります・・・(涙)

ポイント2 価格
 雲台に奮発したので財政難!

ポイント3 三脚の重さ
 現地まで歩くので出来るだけ軽い方が良いな・・・

メーカーは「インデューロ」
ホビーズワールトさんの紹介文 に惹かれました!
マンフロット、ジッツオの技術者が2007年に立ちあげた新ブランド。ジッツオの軽量さ、マンフロットの使いやすさの“いいとこどり”な設計に加え、カーボン三脚の中では比較的求めやすい価格を実現しています。(それでも高いのでカーボンはあきらめましたが・・・)
グリップ、ケース、ストラップ、石突と至れりつくせりの付属品もうれしい限りです。

インデューロ アルミ三脚
 INDURO Aシリーズ A-214/A214
   1.最大積載重量 8kg
   2.価格   実売2万円ちょい
   3.自重   2.2kg
ということで、これにしました!
d0089287_8364827.jpg

[PR]
by alpha-digital | 2008-08-16 09:44 | 機材

雲台

600mm F4 (ロクヨン)に合わせての足回りの強化です。
三脚はほとんど足を伸ばさないですから、それほど頑丈にしなくても大丈夫と思い「雲台」から重要視して選んでみました。
滑らかに動いてピタッっと止まる「ビデオ雲台」の評判がよろしいようなので、マンフロットのビデオ雲台に絞ってみました。
カメラとレンズで約6kg、それを余裕をもってコントロール出来る機種ということで10kgのカメラまで耐えられる「マンフロット 516」に決定しました!

届いたのですが・・・
「でかーー!」 高12.5cm×横10cm×奥14cmくらいの大きさ。
「おもーー!」 2kg、やはり機材もスケールが違いますw
英語の説明書だから、図から解読してセッティング完了!(簡単でした。)
レンズ+カメラを載せて操作してみると、今まで使ったことのない素晴らしい操作感です♪
いろんな角度へスーっと動かして、手を離すとピタッっと止まってくれます。
ついついその気にさせてくれますが、慣れるまでは少々時間がかかると思います。
d0089287_15335231.jpg

[PR]
by alpha-digital | 2008-08-15 16:20 | 機材